ひでちのブログ ~50歳までにサブ3~

2015年3月佐倉サブ4、2016年かすみがうらサブ3.5達成!サブ3までいけるのか?体重89Kgのオヤジの挑戦記録。

推進力?

ようやく繁忙期を乗り越えたと思ってたら

我が家のリフォーム問題が終わって無かった。

 

明日の休みは、どうやらそれで追われそう。

雨予報だから、それを言い訳に走れなさそう^^;

 

先日の、練習会では、こんな会話があった。

 

○川さん「走り方などは、教わった事がないので自己流です。

     登山経験があるので、登山の足運びです。」

 

ひでち「私も我流です。いろいろなフォームとかあるけど

    結局走るのは自分なので自分の走りをみつけるしか

    ないです^^;」

 

と、無責任な会話をしてましたが、ふと、試しに自分の走り方を

見てもらいました。

 

私もテレビやブログ、本などで走り方について読んでは

真似たりしましたが、結局は足を痛めたりして我流に落ち着きました。

 

とはいえ、そういう経過を踏まえての我流なので

やはり、人様の走りや意見は大切だと思う。

 

私が、見てもらったのは、キロ7分くらいで会話をして走ってた時に

気持ちを切り替えてスピードを上げていくところ。

 

どうしても、ゆっくり走ろうとすれば、足の運びや着地を長くしたり

気持ちもセーブしてしまうし、重心も後ろに持ってってるかも。

 

私の場合は、高校生の修学旅行でスキーを初めて教わった時に

怖くてへっぴり腰になってるのを見て、インストラクターに

「おなかのおへそを前に出すように」と言われたのからヒントとしてます。

 

意識せずに走ってるところから、おへそ、下腹を突き出すイメージで

そこを中心に引っ張られる感じ。ど根性カエルのぴょん吉が暴走するイメージ。

 

それが、推進力なのか、わからないが、これでスピードが上がっていく。

後は、気持ちと、足の筋肉でカバー^^;

 

これが出来たときが、好調であるとの判断にもしてます。

 

足を巻き上げるとかもありますが、いずれにせよ、スピードが速く

なければ、関係ないかも。スピード上げれば、自然に体がそれに

対応して走ってくれる。それも人間の体の不思議かもしれない。

 

どんな走りでも取り入れて経験を増やし、引き出しを増やすことも

大切なんですねって話で終わります。私は引き出し少ないでうすが^^v

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ